生後2ヶ月の赤ちゃんが昼間全く寝ないのでずっと抱っこ・・・そんな時の処方箋!

育児というのは順風満帆にいくことはまずなくて、
楽しいことや嬉しいことも多い反面、
心配や不安も多く抱えるもの。

特に初めてのお子さんの時はそうですよね。

そして、お母さんの悩みの中でも、
間違いなくトップクラスに多いのが、
赤ちゃんが寝てくれない
というもの。

生後2ヶ月の赤ちゃんが昼間全く寝ない!
そんな時にどう考え、どう対処すればよいのか?
それについて書いてみます。

【スポンサーリンク】

【大前提】生後2ヶ月の赤ちゃんが昼間全く寝なくても、問題無いことが多い

大事なことなので初めに書いておきます。

生後2か月の赤ちゃんが昼間全く寝ないとしても、
それはほとんどの場合、問題ありません。

実際、小児科の先生もおっしゃってました。

うちの2番目くん、男の子ですが、
まあ、寝なかった。

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間が凄く短い!小児科の先生に聞いてみた!

特に夜。
夜に寝ない・・・

これね、しんどいですよ。
お母さんは勿論、隣で寝ているお父さんも。
この時期、寝室を分ける夫婦もいますが、
私は同じ寝室で寝ていましたし、
2番目くんが泣いたりしてどうしようも無い時は、
抱っこしてあやしたりもしたので、
この時期は何か月も睡眠不足
肩こりが一気に悪化しました^^;

反対に昼間全く寝ない、という赤ちゃんもいます。
ワクチンを受けに行ってたまたま一緒になった同じ2ヶ月の赤ちゃんの
ママが言ってましたし、こういう話はそれこそ至るところで
聞きますね。

寧ろ、夜寝てくれるんなら、その方がいいのでは??
とも内心思いましたが、そんなのまだまだ甘い。

24時間、あまり寝ない、という赤ちゃんだっているそうです。

うちの2番目君があまりに寝ないので、
ワクチンを受けに行ったときに小児科の先生に聞いたのですが、
やはり私以外にも同じような悩みや疑問を持って先生に
質問してくる方も多いようで、あっさりと、
「そういうこともあるんだよねー」と返答されました。

その話の中で、毎日ではないけど、少し機嫌が悪いと、
24時間、一日中不機嫌で泣き続けるような赤ちゃんもいる、と。
心配で病院を受診してくるお母さんもいるけど、
ほとんどの場合、診察上何も問題は無い・・・
体重も増えている・・・

と言ってもお母さんは心配なので、
夜間救急外来の時に受診される人も結構いるみたいで、
その先生、
だけど僕らが診察して、何でもないよ、
って言ってあげることでお母さんの不安も少し和らぐからね。
とおっしゃってました。

現代は核家族化が進んでるから、
お母さん方も育児を相談できる相手がいなくて、
不安を抱え込んでる人が多いんですよ。
と。

今のお母さん方が不安を抱えやすい環境にあるのは事実です。

ですので、まず大前提として、
生後2ヶ月の赤ちゃんが昼間全く寝ないとしても、
それはほとんどの場合問題無い
ということを覚えておいてください!

必要以上にナーバスにならないこと。
お母さんのメンタルヘルスが大切です

しかし、そうは言っても現実に赤ちゃんが寝なくて困っているわけですから、
ここからは具体的な対処策について書いていきます。

生後2ヶ月の赤ちゃんが昼間全く寝ない場合の処方箋

うちの2番目君の時は、私も仕事環境が変わって、
かなり育児に関わることが出来たので、
奥さんの負担を少しは軽減できたのかな?
と思っていますが、ほとんどの家庭では、
昼間は旦那さんは働きに出ていて不在、
赤ちゃんの面倒はお母さんが一人で、
というケースではないでしょうか?

そのような状況下ではどうしもお母さんの不安やイライラは
募ります!

そこで、現実的ないくつかの処方箋をご紹介します。

【スポンサーリンク】

ベビーラック・ベビーバウンサーで寝る赤ちゃんもいる

ベビーラックやベビーバウンサーは試してみる価値ありです。
これでよく寝る赤ちゃんもいます!
友達の赤ちゃんはこれでとっても良く寝てました!

※うちの2番目くんはダメでした・・・
抱っこして歩きながらだと寝てくれるんですが、
置くとそのタイミングでどうしても起きちゃうことが多かった。

電動式で揺れてくれるものなら、
ハマればかなり効果大です。

お母さんも一日中抱っこはしんどいですから、
多少泣いていても顔を見ながら家事、
ということもできますので、あると確実に便利ですね。

上記のコンビは製品はしっかりしてますが、中々値がはります。
類似の商品は沢山ありますから、赤ちゃんホンポなどに出向いて
試してみるよ良いでしょう。

スリングは赤ちゃんは凄く落ち着く!ただし注意点も

スリングは確かに便利です。
赤ちゃん、落ち着きます。
この密着感と、キュッと縮こまった態勢が赤ちゃんは落ち着くみたいです。
お母さんのおなかの中にいた時の感覚に近いのかもしれません。

ゴミ出しの時や、洗濯時、掃除掛け、
スリングがあればちょっとした家事なら、
抱っこしながらでもできちゃいますね。

ただし、小児科の先生から聞いた注意点が一つ!

スリングをしていると、どうしても赤ちゃんの股関節の動きが制限されるため、
赤ちゃんの股関節脱臼のリスクになるようです。
今は股関節脱臼の予防プリントなるものを整形外科学会が出しているらしく、
そのプリントでもスリングは赤ちゃんの股関節にはあまりよくない、
と書かれているそうです。

小児科医の中にも知らない人も多いようですが、
私自身、実際そのプリントも貰いましたので、
間違いありません。

特に女の子に股関節脱臼は多いようなので、補足事項として書いておきます。

 

車でお買い物に出かける!車の適度な振動で寝る赤ちゃんもいる

3人の子供を育ててきた私たち夫婦の実感です。

赤ちゃんて不思議なもので、おっぱいあげても抱っこしても泣き止まない時って
どうしてもあるのですが、車に乗せてしばらくすると、
不思議と泣き止む・・・

こんな経験しているお父さん・お母さん、
結構いると思います。

赤ちゃんも分かるんでしょうかね??
泣いていてももうどうしようもない、諦めるか・・・
みたいな感じで寝るんですよね。

或いは車が走っている時のわずかな振動が心地良いのでしょうか・・・

いずれにせよ、ほんとに不思議と寝ますよ。

もしも、車があるならお母さんの気分転換も兼ねてドライブでもいいですし、
買い物に出かけてみるのも良いでしょう。

 

少し泣かせておく。泣き疲れて寝る赤ちゃんもいる

うちの1番目のお姉ちゃんは早産かつ身体が小さかったこともあり、
非常に静かな赤ちゃんでした。あまり泣かない。
手のかからない赤ちゃんでした。

しかし2番目くんは、早産児ではありましたが、
体格も大きめでとにかく元気、よく泣く。
「ホント、よく泣く子だな・・・」
と何度思ったことか。

ですが、赤ちゃんはよく泣くのが普通なんですよね。

慣れないお母さんだと、泣いていることに原因を求めてしまう・・・
そしてそれが分からないから途方に暮れてしまい、
ストレスを貯めこんでいく、こんな循環になりがちです。

ですが、
赤ちゃんは泣くものなんだ
という受け入れも必要ですよ。

小児科の先生に相談した時もそう言われました。

実際はそれはある程度育児経験を積まないと腑に落ちないことではあるんですが。

一人育児経験のあるお母さんて、
二人目の時はかなり余裕がでてきます。
三人目ともなるとちょっとやそっとのことでは動じません。

これも私たち夫婦が経験しているから言えることですが、
赤ちゃんって、少し泣かせておいても全然問題ないですよ。
おっぱいあげた、おむつも替えた、けど泣いてる。
時にはそのまま泣かせておいても大丈夫ですよ。

もう放っておいて、ラックに寝かせて家事をする。
掃除機をかける。
あ、書いてて思い出しました。

掃除機かけてると不思議とうちの子たち寝てましたね
あの「ブーーン」って音がいいのか。

赤ちゃんだって、無尽蔵に体力があるわけではありません。
泣き疲れたらいつの間にか寝てることもあります。
そんな時があってもいいんですよ。

 

赤ちゃんが寝たら、お母さんも一緒に寝よう!

寝かしつける為の方法ではないですが、
これも大事なメンタル管理方法だと思いますよ。

育児中のママさんて、頑張りすぎてしまうんですよね。

赤ちゃんが寝た時に「ここがチャンス!」
と思って、たまっていた家事を片付けようとしてしまう。

しかし実際には思うようにはかどらずに、
そのうちにまた赤ちゃんが起きてしまう・・・

「なんでよ・・・もうちょっと寝ててよ・・・」
と赤ちゃんを責める気持ちが生まれてしまう、
そしてそんなことを考える自分に嫌気がさしてしまう・・・

誰しも経験することだと思います。

ですが育児中は家事は二の次にすればいいんです。
赤ちゃんにとってもお母さんの健康(身体も心も)が
第一なんです。

赤ちゃんが寝た時には、お母さんも一緒に寝て少しでも
疲れを取ることが大切。
短時間でも休むと、体のだるさは残りつつも、
頭は結構スッキリして頑張れる、
とうちの奥さんは言ってました。

赤ちゃんが寝たら一緒に寝る
これ大事だと思いますよ。

「うちの子よく寝るんだよねー」は無視しよう!

空気の読めないママ友の中には、
こんな言葉を平気で吐く人がいます。

うちの子よく寝るんだよねー
と。
ニコニコしながら。

その言葉を聞いて、
「イラつく!」
って思ったでしょう??

いいんです。
無視しましょう。そういう赤ちゃんもいるんです。

1ヶ月もしないうちから夜ほとんど起きない、
授乳回数も少ないけど発育順調!
っていう何とも羨ましい親孝行な赤ちゃんもいるんです。

いいんです。
そんな赤ちゃんだって、少ししたら夜泣きが酷くなるかもしれない。
卒乳できなくて苦労するかもしれない。

色々なんです。特に赤ちゃんは。
自分でコントロールできない範囲については悩まない。
これも大事なことです。

このトンネルは必ず抜ける!

赤ちゃんが寝ない・・・
いったいいつまでこんな状態が続くんだろう??
このままじゃあとてもやっていけない・・・
身体も心も持たないよ・・・

そんな風に感じてしまうのも分かります。

ですが、必ずこの時期にも終わりが訪れます
そしてそれは、お母さんが思っているよりも案外早く訪れます

永遠とも思えるこのトンネルには必ず終わりがあって、
トンネルを抜ける日がそう遠くないことを覚えていてください。

うちの2番目くんの場合、
3か月になってようやく夜少し長く寝るようになりました。
夜だけですよ、それでもそれに気付いた時は
嬉しかったなー

育児って毎日必死で、お母さんは勿論、
お父さんも寝不足で頑張っています。
振り返ると結構あっという間だったな、と感じます。
勿論、その瞬間瞬間は大変なんですけど。

そして、気づけば、
あれ?少し寝るようになってきたかな??
という感覚です。

その感覚があると、また頑張れるんですよね。

もっとも、2ヶ月であれば視線も合い出して、
笑うようにもなります。

うちの2番目くんなんてムチムチに太って、
「横綱」って呼んでました。
そんな愛らしいフォルムで笑ったりすんです。

育児の中に、癒される瞬間とか、
充実感を感じる瞬間って、
沢山あると思うんですよね。

それでも、育児で悩んでいるお母さんって、
もうそんなことを感じてる余裕がなくなってると思うんですよ。

「こんな生活が続くんじゃやってられない・・・」
そんな感情で心の中に支配されてしまう。

けれど、実際にはそんな時間は長くは続かないんです。
必ずトンネルは抜ける。
ゴールは必ずやってきます。

ゴールがあるからこそ頑張れるわけじゃないですか。
どんな人だって、ゴールも無いのに頑張り続けろ、
は無理ですよ。

生後2ヶ月の赤ちゃんが昼間全く寝なくても、
すぐに寝てくれる日が来ます。
必ず来ます。

もう十分頑張ってるんですから、
少しさぼるぐらいの気持ちで。
不安やストレスに押し潰されない様に。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です