生後2ヶ月の赤ちゃんが夜全く寝ない・・・育児本通りにいかないのが当たり前!

赤ちゃんが生まれて最初のうちは、
「生まれてきてくれてありがとう!」という感動もあって、
少し辛いことでも何とか乗り越えようと思えますが、
1ヶ月、2ヶ月と経っていくと段々と不安や疲れが出てくるものです。

初産のお母さんは特にそうですよね。
何もかもが初めての経験で、
相談できる人もあまりいない。
旦那さんも仕事で家に居ないことが多くて、
結局自分一人でなんとか頑張るしかない。

そんなお母さんを悩ます原因の中でも、
かなり多いのが赤ちゃんが寝ないこと。

生後2ヶ月の赤ちゃんが夜全く寝ないのは、
大丈夫なのでしょうか?

【スポンサーリンク】

【育児本通りにはいかない!】生後2ヶ月の赤ちゃんが夜寝ないこともあります!

まずはいきなり結論から。

生後2ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない・・・
それ、ほとんどの場合問題ありません

うちの2番目くんがそうでしたし、
小児科の先生にも実際に質問しました。

生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間が凄く短い!小児科の先生に聞いてみた!

結論から言えば、「そういうこともある」のです。
赤ちゃんて、そういうもんなんです。

実際には大変ですよね。
夜寝てくれないのって。

私も何度夜中起きて抱っこしたことか・・・
抱っこして歩いてる時はいいんです。
けど、抱っこしていても歩くのを止めるとまたぐずり出す。
ようやく寝たかと思ってベッドに下ろそうとすると
また泣き出す!

本当にこの繰り返し。

同じような状況で、もうイライラが限界!
というお母さんも多いんじゃないでしょうか?

もうイライラも頂点を通り越して、
怒鳴ってしまったり。
そして自己嫌悪に陥って・・・

ですが、大丈夫ですよ。
そんな時期もそう遠くない未来に終わります。

こんな辛い時期も必ず終わるんだ
という認識が大切なんです。
それが分かって育児するのと、
いつまで続くんだろうと不安を抱えて育児するのでは、
全くストレスの抱え方が異なります。

うちの2番目くんの場合、
3か月に入った頃でしょうか?
ようやく少し、ほんの少し夜寝るようになってきたかな?と感じました。

結局、何が効果的だったか、なんて多分何も無くて、
単に時間が解決した、そういう感じでした。

育児本には午前中はなるべく太陽の光を浴びて、
生活のリズムを作りましょう!
そうすれば夜ぐっすり眠るようになりますよ!
なんて書いているものもありますが、
全然そんな風にはなりません。

だって、赤ちゃん一人一人違うんですから。

この時期の赤ちゃんて、夜寝ない子もいれば、昼寝ない子もいる。
中には24時間、ちょこちょこ睡眠で、まとまって寝ない子だっている。

全然違うんです。

育児本なんてあくまで参考程度で、
その通りになるなんて思わない方が余計な悩みが減ります(^^;)

赤ちゃんが寝た時にお母さんも一緒に寝るのが効率的かも

ほとんどのお母さんは家事をシェアしてくれる人もいなくて、
(日中は旦那さんは仕事で居ないでしょうし)
赤ちゃんのお世話にかかりきりになると、
その他の家事まで手が回らない・・・

それに加えて寝不足でフラフラ・・・

という状況だと思います。

勿論、一概に全てのお母さんに当てはめられるわけじゃないですが、
この時期、家事は一旦置いておいて、
赤ちゃんが寝た時にお母さんも一緒に睡眠を取る
という考えも重要だと思います。

そうは言ってもじゃあ誰がご飯作るのさ!?

と思う方もいるでしょう。

ですが、食事なんて一時、コンビニでもスーパーでも、
極論カップラーメンでも、何でもいいじゃないですか。

育児疲れでお母さんが倒れる方が問題です。

赤ちゃんが寝た時にお母さんも寝る。
赤ちゃんのリズムにお母さんが合わせるんです。

時間が経てば、
赤ちゃんも夜、徐々に寝るようになってきますよ。

小児科の先生も言ってました。

 

小児科の先生

「一般論だけど、

普通の生活環境、つまり夜電気を消して、静かにして寝る、
そういう環境で育った赤ちゃんは、

だいたい2ヶ月くらいから夜、少し長く寝るようになってくる、
そして3か月くらいから、その傾向がはっきり分かるようになる。

それまではリズムなんてものは無いと思った方がいいよ」

 

と。

まあ、うちの2番目くんは正にこの先生の言った通り、
3か月になった頃からようやく夜少し寝るかな?
と感じられました。

夜寝ない期間はそれほど長く続くわけではありません。
ですから、その期間ぐらい、家事は一旦少しさぼっても、
それぐらいは旦那さんも理解してくれると思いますし、
それを理解できない旦那さんはまだまだ未熟です。

【スポンサーリンク】

使えるものは何でも使ってこの時期を乗り切る!

生後2ヶ月の赤ちゃんが夜寝ないこともある、
それは分かった・・・
けど、実際本当に大変なんだ!
具体的に何か解決策はないのか!?

上述しましたが、結局は時間が解決するんだと思うのですが、
この時期は使えるものは何でも使って乗り切るしかありません!

話すと楽になるんです!保健婦訪問を活用し相談する

どこの自治体も、乳児訪問を行っています。
私の住む札幌市だと、生後4か月までの赤ちゃんが対象です。
出産後に連絡が来て保健師さんが来てくれますが、
それ以外でも必要時に連絡すれば来てもらえます。
ご自分の地域の保健センターに連絡しましょう。

保健師さんに、今の状況を相談する、
辛い心境をありのまま話す
聞いてもらえるだけで随分と変わりますよ。

また、保健婦さんたちは、こういう領域のプロですから、
沢山同じような相談を受けているはずですし、
それに対するアドバイスの引き出しも沢山もっているはず。

活用しない手はありません!

お産をした施設に相談してみよう!

今、ご時世的に産後のケアを充実させよう!
という流れのようで、各自治体にも費用が充当されているようです。

産科施設の中には、
「2週間健診」や「2ヶ月健診」なるものを取り入れている施設も
一部あるようですよ。

私の子供たちが生まれた病院にも、
産後の赤ちゃん及びお母さんの状態をフォローしてくれる、
助産師さんたちによる相談室があります。

そういったところに育児の悩みを相談してみるのも良いでしょう。
抱え込まないことが何より大切です!

おじいちゃん、おばあちゃんを頼ろう!

我が家の場合なんですが、
実は3番目の娘を出産後、
奥さんが一時危険な状況になりまして、
一時赤ちゃんとも離れ離れ。

お産した病院から総合病院へ搬送となり入院。
退院後も、約3か月間は自宅でも思うように動けず。
という状況でした。

この間、私も育児は一生懸命やりましたが、
やはり大変でしたよ。

ですが、義母が来てくれまして。
2週間程度でしたけども、その間は本当に助かりました。

育児で大変な時は、おじいちゃん、おばあちゃんを頼ってみるのも
一つの考えですよ。

家事はさぼってもいい!最低限でOK

この時期は家事は二の次。
昼出来なきゃ夜でもいい。
全部やる必要も無い。
ご飯だって、弁当でもジャンクフードでもカップ麺でもいい。

割り切りましょう。

お母さんが体を壊さないこと
これが赤ちゃんにとっても、家族にとっても一番大事なことなんですから。

家事代行サービスだってある

上述したように、うちは3番目の子が生まれた後は、
かなり大変な状況でしたので、
1ヶ月半ほど家事代行サービスを頼みました。

義母にも来てもらい、助けてもらいましたが、
何分高齢で体もそれほど丈夫じゃないので、
無理をさせるわけにもいかず。

私自身も仕事を休むわけにもいかず、
もう、頼まざるを得ない状況だったんです。

義母がいる間は食事は義母にお願いして、
家事代行サービスには部屋の掃除をお願いしました。

我が家はこの辛い時期をこうして乗り切りました。
有り難かったです。

こういったサービスも短期間なら検討しても良いのではないでしょうか?

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です