【注意!】年始回りのマナーとして1月4日に年始回りに行くのはありなのか??

近年では年始回りに替えて年賀状を送る、
という方も多いのが実状のようです。

新年の挨拶としては一番速い方法でもあり、
親しい友人や恩師、会社であれば取り引き先などに宛てることも多いものです。

礼儀として欠かすことができないものとして国内では古くからの習慣になります。

一方で新年を迎えた際には、その後に年始回りを行うというのも古くからの習慣です。
お世話になっている人を対象にしていて、
親戚や恩師、取引き先に直接に出向いて挨拶をするという内容が基本です。

この年始回りには一定のマナーというものがあり、
まずは出向くタイミングを把握することも重要です。

【スポンサーリンク】

1月4日に年始回り・・・結局はケースバイケース

通常では1月の1日から3日まではお正月になり、
家族揃って団欒していることが多く、
大切な寛ぎの日程でもあるので、
この期間は避けることが一般的です。

では、翌日の1月4日に年始回りに行くことを考えている方もいますが、
相応しいのかどうかについては明確にされていない傾向にあります

一般的なご家庭を例にすると、
1月4日はまだ休日という感覚で生活をしている場合や、
長期旅行などに家族揃って出掛けている可能性も否定できないでしょう。

タイミング的には悪くはありませんが、
相手側の家に沢山の来客が来ていることも珍しいことではありません。

そのため、常に相手側の都合を知ることが肝心になり、
前もってアポイントをとってみることも一つの方法ではないでしょうか。

通常では1月4日からは普通の日として生活を送っている方も非常に多いので、
相手先に迷惑がかからないならば、
この日に年始回りを行うことも間違いではありません。

【スポンサーリンク】

ビジネスでの年始回りを1月4日に行ってよいかも相手先の状況を考えて!

一方で会社関連の場合では、カレンダーによって違いがあります。
例えば1月4日が平日のカレンダーの場合では、
営業日としていることが多いものです。

このタイミングで年始回りをするのはありと考えることができ、
会社関連の場合では必ず事前にアポイントをとることも欠かせません。

しかし、カレンダーをチェックすると
1月4日が日曜日になるという場合もあるでしょう。

このようなケースでは事業内容で違いはありますが、
営業をしてなく休日に指定されていることが多いので、
避けてみることが基本です。

結局は個人であってもビジネスであっても、
相手先の状況を把握した上で、
失礼や負担の無いタイミングで伺うのがベストでしょうね。

年始回りは地域差もあります

松の内という言葉があり、1月7日までを正月期間としている内容もあります。
もしも1月4日のタイミングで挨拶に行けなかった場合や、
当日を考慮すると仕事始めで非常に忙しい日程と判断できる場合では、
1月7日までに挨拶をする方法も間違いではありません。

この内容については実際には地域差が生じていることがあり、
地域によっては1月15日までを年始回りの期日としていることもあります。
どちらにしてもマナーを守って挨拶に行くことが何より重要なので、
常に相手先の環境や都合を把握してから足を運ぶことが必要です。

手土産を持参したり、
相手先によってはお年玉が必要になるというケースもあるので、
細かな部分にまで配慮して出向くことが大切ですよね。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です