【疑問!】初詣は神社に行く?お寺に行く?どっちが正しいの?

初詣に行くのは神社なのか、お寺なのか?
特に気にせず行っている人の中にも、
どちらに行くのが正式なものなのだろうか?と一度は
考えたことがある人もいるのではないでしょうか?

【スポンサーリンク】

初詣は神社かお寺か、の前に日本人の国民性を確認

宗教を理由に戦争が起こってしまうような国もある一方で、
日本は一部の人を除きそれほど宗教を気にはしておりません。
自身の宗派も知らないというほどです。

クリスマス時期になるとにわかキリスト教となりキリストの生誕をお祝いしてしまいますし、
いざと言うときには神様だけでなく仏様にまで頼ってしまう、
そんな国民性を持っているのです。

宗教というよりも年中行事として広まっている中の一つが初詣、
新年には神社やお寺が一気に賑わいます。
ただ考えてみると、神社は神様・神道でありお寺は仏様・仏教なのですからまた別物です。

いったいどっちに行くのが正解なのでしょうか。

結論から言えばどちらでもいい!何故なら・・・

おせち料理は一つ一つの食材に意味があります。
新年の挨拶やお正月飾りなどきちんと決められている以上はどちらなのかをきちんと知り、
正しいやり方をしなければならないと思われていませんか。
安心してください、

神様でも仏様でもどちらでも良いのです。

古来から日本にあったのは神道・すなわち神様です。
自然のものや皇族・英雄が祀られています。
氏神様だってこちらに入ります。

仏教はインドや中国から伝わってきた外国のものです。
とはいえ日本に浸透してすでに何百年も経ち、日本のものと言っても良いくらいになっています。
明治時代に「神仏分離」で分けられましたが、それまでは神仏習合とされ同時に信仰されていました
なので今更、初詣はどちらと分けられることは出来ないのです

神社かお寺か、学者の意見ではなく現実論です

日常生活の中でも、地域でお祭りとかするのは氏神様のため、
そして死んだ後は菩薩様にお参りしてとやはり分離できていないのです。
なので悩む必要はありません。

菩薩様以外にも、大日如来や薬師如来・不動明王・毘沙門天などがお寺で祀られているものたち、
生活していく上では違いはないものの、どちらが神社でどちらがお寺かは日本人には一目瞭然です。

神社やお寺と言っても各地にさまざまあります。
その中のどれを選ぶかですが、いちおう氏神様か恵方の方角にある神社・お墓のある菩薩寺
というのを参考にしてみてはいかがでしょう。

それだと近場で身近にあるので行きやすいです。
観光を兼ねて有名どころの大きなところに行ってみてもよいでしょう。
屋台も並んでお守りやお札も豊富、信仰心はないという方も楽しむことができます。

どっちに行けば良いのか分からないのであればどっちも行くという手もあります。
神様も仏様も怒ってバチを当てるなんてことはありません。
むしろ、ご利益が重なって良いとされています。

【スポンサーリンク】

ただし、御利益目当てばかりのお参りも・・・

地域によっては三社参りということで3つの神社にお参りする習慣もあります。
正月だからとゴロゴロしてばかりではなく、
初詣に出かけていって神聖な空気を吸い込むようにしましょう。

ただし、いくつもめぐってお守りを大量に手に入れてしまうと
ついつい扱いが粗雑になってしまうこともあります。
ここぞというところでだけ買って大切にその1年、
そのお守りとお付き合いするという方が良いのではないでしょうか。

結局は、初詣に行くこと、そうした行動を実際に取ることで
自分自身の新年にかける意気込みを確認する、
決意を新たにする、そうした精神的な意味合いが重要でしょう。
神様、仏様に頼るのは時々なら良いかもしれませんが、
頼り切りになるのは問題ですよね。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です