勤務医も法人を設立して節税を図ることが可能な場合があります。ポイントは、勤務医としての業務を「医療行為」と「医療行為以外」に分けることです。