生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間がすごく短い!小児科の先生に聞いてみた!

私、一応三児の父親でして、
一人目のお姉ちゃんの時は仕事が忙しすぎて、
あまり育児のお手伝いはできなかったのですが、
仕事環境が変わってから生まれた2番目、3番目の育児に
関しては、かなり関わってきました。

一人目の子は早産・低出生体重児であったこともあり、
また、かなり早い段階で退院となったこともあり、
家に帰ってからもすごーく静かで、泣くことも少なく、
また泣き声も最初はとってもか細く・・・
そんな赤ちゃんだったのですが、
二人目の男の子、この子は全くの逆!

36週台で出生したので、早産児ではあったのですが、
体重は2700g以上あって正常範囲でしたし、
兎に角元気!よく泣く!!
そんな赤ちゃんだったんですよね・・・

【スポンサーリンク】

早産児ではあったが元気で良く飲む赤ちゃんでした

さて、うちの2番目の男の子なんですが、
まず、完全母乳栄養で離乳食が始まるまで奥さんが頑張りました。

早産ではありましたが、出生後の経過も問題なくて、
お母さんと一緒に5日目?ぐらいだったかな、退院できました。

そして1ヶ月検診でも、退院後一日50g以上体重が増えている、
ということで、
小児科の先生には
「順調ですね!」
と言っていただきました。

確かに元気でよく泣きますし、よく飲みます。
泣いていても、抱っこしたり、授乳すれば泣き止みます。

まあ、こんなもんなんだろうなー、と、
奥さんと話していました。
ただ、1番目のお姉ちゃんとは違うけど、お姉ちゃんのほうが、
ちっちゃく生まれたから静かな赤ちゃんだったんだね、
と。

生後2ヶ月になっても寝ない!夜が大変!抱っこしてないと泣くんだけど!

1ヶ月検診で順調に体重が増えていたこともあり、
「まあ、こんなもんだなー」と安心して帰宅したのですが、
うちの2番目。中々の曲者でした・・・

生後2ヶ月になっても夜、なかなか長い時間寝ない

母乳栄養だと2時間か、よくて3時間もすれば授乳が必要になりますよね。
ただ、うちの2番目くん、酷い時には1時間もせずに泣き出す!
抱っこして歩きながらあやせば泣き止むんだけど、
歩くのをやめるだけで泣く、静止しても寝てるから、
そっとベッドに置こうとすると・・・そこでまた泣き出す!

こんな感じで、寝かせつけるまでに時間が凄くかかる
ベビーちゃんだったんですよね・・・

流石に奥さんも疲れますから、私も随分抱っこして歩きました・・・

あんまり泣くので、2ヶ月のワクチンの時に、
小児科の先生に聞いてみました。
「すごく泣いて寝ない。睡眠時間が短いと思うが大丈夫なんでしょうか??」
と。

小児科の先生に聞いてみた!「寝ない、泣く、睡眠時間短い・・・大丈夫!?」

私の診てもらってた小児科の先生は、
ご自身も3児の父で、やはり色んなパターンのお子さんだったらしく、

うーん、あるんだよねー、そういうこと
それが普通なんだって思って頑張るしかないよ

という回答でした。

因みに、赤ちゃんって、授乳回数が一旦落ち着いてきたな、と思っても、
またすごく欲しがる時期が来るようなんです。

生後1ヶ月ぐらいの時期、生後2ヶ月ぐらいの時期、
「急成長期」っていうのがあるんだよ、と言ってました。

だからやたらとおっぱいを欲しがる。

親としては不安になりますよね・・・
母乳足りてないんじゃないか??って。

うちの2番目くんは発育は順調そのものでしたし、
その後も全く成長には問題なく、元気に大きくなってくれてますので、
ホントに先生が言った
そういうこともあるんだよねー
が腑に落ちてます。

ただ、やはり何でもかんでも大丈夫、と言っているわけではなく、
いくつか注意点もあるようです。

【スポンサーリンク】

体重の増え方が乏しい場合は、母乳不足の場合も!

うちの2番目くんは全く問題ありませんでしたが、
やはり体重がしっかりと増えているかどうかは大切なようです。

体重増加が芳しくない場合には、
母乳不足が考えられる、と。

その先生が言うには、一時期「母乳信仰」のような方が多かった時は、
どうしても母乳だけで育てたいお母さんが多くて、
赤ちゃんの体重が増えてないのに、ミルクを足したがらない、
それで困ることもあった、と言ってました。

赤ちゃんの体重がしっかりと増えているかどうか!
は確認しておく必要があるでしょう。

逆に、体重さえ増えていれば、まず大きな問題は無いと思います。

実際、あれほどてこずったうちの2番目くんも、
今や5歳で非常に明るい性格の人懐っこい男の子に
成長しました。誰にでも話しかけるので、それはそれで
親としては困ることもあるのですが・・・

極稀に「発達障害」の兆候であることも。でもそれは後にならないと分からない。

小児科の先生がもう一つ付け加えてお話してくれたことがあります。

こうした生後2ヶ月ぐらいの時期、あるいはその後も、
兎に角何が原因か分からないけどよく泣く、寝ない、
そんな赤ちゃんの中には、後になってから、
広汎性発達障害(自閉症やアスペルガー症候群の総称)と診断される
例もある、と。

ただ、そうした赤ちゃんは、後になって診断されるわけなので、
その時点では分からないこと。

そして、実際に発達障害であることは、極めて稀であるから、
赤ちゃんはこうやって泣くものなんだ。寝ないこともあるんだ、
と受け入れて育児することの方が大切だよ」と。

「中には凄くナーバスになっちゃって、ノイローゼ気味になる人もいるからね・・・」
「けど、お母さんって大変なんだよ。自分も最初の子供の時は、小児科医なのに、
色々不安になったから」
と言ってました・・・

このお話は、先生の方が「なんでもかんでも大丈夫って言ってるわけじゃないんだよ」
という意味で補足的に説明してくれたことですし、
ほとんどの赤ちゃんにとって、生後2ヶ月の時期に泣いて寝ない、睡眠時間が短い、
というのは当たり前にみられることのようですから、
親としてはもうそういうもんなんだ!と受け入れて、
必要以上に心配にならずに育児を頑張っていくしかないと思います!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です